自主上映会のご案内
ニュース
HOME / NEWS
キム・ギドク監督最新作「The NET 網に囚われた男」 公式サイトオープン!
2016.11.01.Tue
世界三大映画祭を制し、頂点を極めたキム・ギドク監督。
あらゆるタブーを描いてきた韓国の巨匠が、南北の分断をテーマに挑んだ衝撃作が、いよいよ日本公開!

北朝鮮の漁師ナムは、いつものように自分の舟で漁にでるが、網がエンジンに絡まり韓国側に流されてしまう。一日も早く妻子の元に戻ることだけが望みだった彼は、韓国警察からの過酷な拷問と亡命の強要に耐えるのだったが・・・。
鬼才キム・ギドクが、バイオレンスを抑え、現代に投げかける社会派ヒューマン・ドラマの傑作です。

★公開情報や最新ニュースは、公式サイトでご確認ください。
「The NET 網に囚われた男」公式サイト http://www.thenet-ami.com/
「めぐりあう日」7.30公開決定!公式サイトオープン
2016.05.01.Sun
「冬の小鳥」のウニー・ルコント監督最新作、『めぐりあう日』が7月30日(土)より公開。
母と娘の運命的な再会を、監督自身の人生を重ねて繊細に描いた珠玉作。

舞台は北フランスの港町ダンケルク。生みの親を知らずに育った理学療法士のエリザが、30年の歳月を経て、実の母とめぐり逢うまでの日々を繊細に描く。見えない糸に手繰り寄せられるように近づく母と娘。血のつながりの深さに胸を締め付けられるも、それぞれの新しい人生を予感させるラストシーンがいつまでも心に残る感動作。

☆公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。
「めぐりあう日」公式サイト
http://crest-inter.co.jp/meguriauhi
ヴィスコンティ 公式Facebookがオープン
2016.03.01.Tue
ルキーノ・ヴィスコンティ生誕110年没後40年
【ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー~】
『山猫 4K修復版」&『ルートヴィヒ デジタル修復版』

ヴィスコンティ監督の後期の代表作二本が、極上の映像で甦ります。
2016年5月14日より、YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国順次ロードショー。

★最新情報は、公式Facebookでご案内いたします。
https://www.facebook.com/visconti110/
『山猫 4K修復版』、『ルートヴィヒ デジタル修復版』の劇場初公開が決定
2016.02.03.Wed
《ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー~》

イタリアが生んだ唯一無二の巨人ルキーノ・ヴィスコンティ監督。
その生誕110 年没後40 年を記念して、後期の代表作2本『山猫』、『ルートヴィヒ』を、現代最高の技術で甦った圧巻の映像で、5月よりYEBISU GARDEN CINEMA 他全国で劇場公開することとなりました。

ヴィスコンティ作品の中でも抜きん出た人気を誇る『山猫』は初4K修復版での上映、ヨーロッパでもっとも美しき王の孤独と狂気を描いた『ルートヴィヒ』は初デジタル修復版での上映となります。
ともに、20 世紀の映像遺産とされる作品は、ヴィスコンティによって見出されたふたりの俳優、”アラン・ドロン”と”ヘルムート・バーガー”が、その最も美しい一瞬を映像に刻み付けた作品。2016 年、見事に美しく甦った映像が放つ新たな輝きをお見逃し無く!
「アンジェリカの微笑み」公開初日決定!
2015.10.30.Fri
マノエル・ド・オリヴェイラ監督作「アンジェリカの微笑み」の公開初日が、12月5日(土)となりました。
渋谷Bunkamuraル・シネマを皮切りに全国順次公開いたします。
公開後の豪華プレゼントの情報なども、随時公式サイトでご案内していきますのでお楽しみに。

オリヴェイラの美しくて怖くてそしてちょっと楽しい世界にハマること必至!ご注目をください。
巨匠マノエル・ド・オリヴェイラ「アンジェリカの微笑み」公開決定
2015.09.04.Fri
世界最高齢監督マノエル・ド・オリヴェイラの幻の傑作「アンジェリカの微笑み」の日本公開が決定!12月よりBunkamuraル・シネマ他で全国公開となります。

2015年4月に106歳で亡くなるまで現役最高齢監督であったポルトガルの至宝マノエル・ド・オリヴェイラ。オリヴェイラ監督が101歳のときに手掛けたのが傑作「アンジェリカの微笑み」です。
夭逝した美女アンジェリカの写真を撮った青年イザクは、その美しすぎる微笑みに心奪われ昼夜思いを馳せるようになり、やがて……。


公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。

★「アンジェリカの微笑み」
 公式サイト crest-inter.co.jp/angelica/
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」開催中
2015.04.10.Fri
ジャン・ルノワール監督の父、ピエール=オーギュスト・ルノワールのコレクションが来日中

三菱一号館美術館(東京・丸の内)では、「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」を開催中です。 
ワシントン・ナショナル・ギャラリーの中で最も人気のあるフランス印象派のコレクションより、ジャン・ルノワールの父であるピエール=オーギュスト・ルノワールの《猫を抱く女性》《アンリオ夫人》も展示されています。5月24日まで開催中。ぜひ足をお運びください。

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 ~アメリカ合衆国が誇る印象派コレクションから」 http://mimt.jp/nga/
ジャン・ルノワール監督作品「ピクニック」 6月公開
2015.04.01.Wed
ジャン・ルノワール監督の傑作中編「ピクニック」が、6月より、デジタルリマスター版で劇場公開!

印象派の画家、父ルノワールから受け継がれた美の真髄。
映画史上最大級の作家、ジャン・ルノワールの「ピクニック」は、モーパッサン〈野あそび〉を原作に、祝福を受けたかけがえのない一日を描いた傑作。助監督には、ジャック・ベッケル、ルキーノ・ヴィスコンティ、アンリ・カルティエ=ブレッソンら、そうそうたるメンバーが名を連ねている。
大戦を経て数奇な運命をたどった奇跡の映画が、戦後70年の本年、待望の日本公開。


公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。

★「ピクニック」
 公式サイト http://crest-inter.co.jp/picnic/
 
「イタリアは呼んでいる」 5.1(金)公開!
2015.03.10.Tue
北はピエモンテから南はカプリまで
英国中年男性ふたりがミニクーパーで巡る極上のイタリア旅行!

「イタリアは呼んでいる」は、口コミとメディアからの大絶賛を受け、N.Y.とL.A.でのたった3館の公開が、一気に全米204館に拡大ヒット、ロングランを記録した話題作。
イギリスのショービズ界で活躍するスティーヴとロブは、オブザーバー紙の依頼でイタリアを北から南まで巡るという美味しいグルメ取材の旅に出る。
スティーヴを演じるのは、「あなたを抱きしめる日まで」でジュディ・デンチの相手役を演じ、同作ではアカデミー賞脚色賞にもノミネートされるなど、多才ぶりを発揮する実力派スティーヴ・クーガン。ロブには、イギリスを代表する人気コメディアンのロブ・ブライドン。
二人のエンターテイナー魂をかけた、大スターたちのモノマネ合戦と絶妙な話術も見どころの、とびきり楽しいバディ・ムービー。


公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。
豪華商品が当たる投稿キャンペーンを実施中です!

★「イタリアは呼んでいる」
 公式サイト http://www.crest-inter.co.jp/Italy/
 公式Facebook https://www.facebook.com/TriptoItalyJP
アラン・レネ監督遺作「愛して飲んで歌って」 2.14公開
2014.12.01.Mon
巨匠アラン・レネの遺作『愛して飲んで歌って』が、2月14日より全国順次ロードショーとなります。

第64回ベルリン国際映画祭アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞)受賞、国際批評家連盟賞受賞

「夜と霧」から『愛して飲んで歌って』へ――
世界の巨匠が最後に遺したのは、フランスのエスプリとイギリスのユーモアが見事に融合した、軽妙洒脱な人間ドラマ。
友人ジョルジュの余命がわずかなことを知った三組の夫婦は、彼の残りの人生を良きものにすべく一致団結するのだが・・・・・


公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。

☆「愛して飲んで歌って」
 公式サイト http://crest-inter.co.jp/aishite/
 公式FB https://www.facebook.com/aishitenonde
『ローマの教室で~我らの佳き日々~』 8.23公開決定
2014.07.11.Fri
ジュゼッペ・ピッチョーニ監督作 『ローマの教室で~我らの佳き日々~』が、8月23日より全国順次ロードショーとなります。

昨年のイタリア映画祭で、「赤鉛筆、青鉛筆」のタイトルで上映され、イタリアの人気俳優3人が出演していることも話題となりました。
公立高校を舞台に、教師たちが、それぞれに問題を抱える生徒との出会いから、人生の奥深さに気付いていく様が描かれます。
イタリア発ヒューマンドラマの傑作を、お見逃しなく!


公開情報やニュースは、作品公式サイトをご覧ください。

☆「ローマの教室で~我らの佳き日々~」
 公式サイト http://www.roma-kyoshitsu.com/
 公式FB https://www.facebook.com/romakyoshitsu
1
2 >